精油・オイルの保存上の注意

hokan

光に関して

  • 直射日光のあたる場所に置かないようにしましょう。
  • 遮光瓶で保管しましょう。

温度に関して

  • 温度が高いと酸化が進みますので、20℃前後の冷暗所に置くのが良いでしょう。
  • 冷暗所がなく30℃以上になるのを避けるため、温度の低い環境で保管する場合には、回りの気温と同じになってから蓋を開けましょう。

容器に関して

  • 精油の原液や濃度が高いオイルはプラスチックを溶かしますので、ガラス瓶に入れて保管しましょう。
  • また、瓶を横に寝かせず立てて保管しましょう。蓋のプラスチック部分に接触しないようにします。

その他

  • 精油は揮発性が高く、酸素が入ると酸化を進めますので、蓋はしっかり閉めましょう。
  • 精油は引火性がありますので、火のそばには置かないようにしましょう。
  • 精油は濃度が高く、使い方を間違えると大変なことにもなりますので、子供の手の届かない場所に保管しましょう。